2012年12月15日土曜日

コーヒー

小学生の頃、学校から帰ってきた時にすごく喉が乾いてて、何か飲み物はないかと冷蔵庫を開けたところ、なんか業務用みたいなデカいパックに入ったコーヒーがあり、かつ、それしかなかった。これでいいや、と思ってグビグビ飲んでたら胃痙攣を起こして病院に運ばれて、しばらく何も食べられなくなった。それが、コーヒーとの初めての出会い。

それ以来、自分にとっては天敵だと思って近寄らなかったのですが、高校生の頃の大事なテストの前日、どうしても眠いんだけど寝ないで勉強しないといけない、という状況で、母親がコーヒーを飲めば目が冴えるみたいなことを言ったから、もうだいぶ時は経ったし大丈夫なのでは、と試しに飲んでみたらみるみる熱を出して翌日学校を休んだ。

そんなこんなで、とことんコーヒーを避けてきた人生でしたが、それでも、世界中でこれだけ多くの人がひと息入れる時などにウマそうに飲んでいる飲み物だから、何かしらまだ自分の体験したことのない大きな魅力があるのではないか、と思い、今なのでは、というタイミングでお店で頼んで飲んでみた。そんでお腹こわした。

牛乳のがうまいわ。

0 件のコメント: