2010年10月13日水曜日

鈴鹿より帰還

2010年F1日本グランプリ、鈴鹿サーキットに行ってまいりました。


高校〜劇団時代の後輩、元拙者ムニエルの伊奈恵一君が仕事で三重県へ赴任してしまって以来、いつか一緒に行けたら…なんて話していた数年来の夢が叶い、初F1の伊奈くんと共に観戦。


鈴鹿サーキットでのF1観戦は6年ぶり6度目。大学へ入学した時、入った演劇サークルの先輩によくわからないまま連れて行かれ、そこで故アイルトン・セナの走りを目の当たりにし、すっかりF1の虜になってしまいました…。ナマのF1、本当に素晴らしいです!


予選が行われるはずだった土曜日、警報が出るほどの大雨でまさかの順延。翌決勝日の朝に予選が行われるという異例の事態となりました。(実は鈴鹿では2004年にも予選日に台風が直撃。予選&決勝が同じ日に行われるのは2度目。)

打って変わって決勝日、10月10日(日)は気温25度を超える夏日。快晴のもとで行われた予選&決勝。期待の日本人ドライバー小林可夢偉選手の怒涛のオーバーテイクショーで、サーキットは大盛り上がりでした。実際スゴかった!!

早々に現在のザウバーチームと来年の契約を交わしてしまった可夢偉選手ですが、勝てるマシンさえ手に入れられれば、日本人ドライバーが表彰台の常連に!なんてことも夢ではないかもしれません。


僕と伊奈くんはストレートエンド、第一コーナー付近での観戦でしたが、来年は鬼のようなパスを目の当たりにできたヘアピンコーナーが人気スポットになるかもしれません。


ありがとう鈴鹿。今からお金を貯めて、何事もなければまた来年行きたいと思います。

0 件のコメント: